大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市 W様邸 屋根・外壁等全面塗装工事、トイレ改修工事

2020年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 屋根外壁塗装工事を終えたS様が、ご友人のW様がご自宅の傾きで困っているとご紹介下さいました。後日W様邸に、プランナーの野上と工務部部長の上原が伺いました。
 W様邸はM社で建てられた築32年の建物で、屋根はセメント瓦、外壁はモルタルという造りでした。詳しくお話を伺うと、築1年目からご自宅や敷地の傾きが気になり始めたそうですが、安心して任せられる人がいなかったので、どの業者にも依頼しないまま月日が経ってしまったとのことでした。また、1階のリビング・ダイニングの壁からの雨漏りにもお悩みで、併せてご相談いただきました。

施工前 ←雨漏り跡

 まず、建物の傾きを特にご心配されておりましたが、調べてみるとほとんど傾きはなく、実際にはお家の外側、犬走から玄関前のアプローチにかけての敷地の地盤が沈下していました。W様には、なぜこのような沈下が起きているのか、それに対する対策案をお伝えしました。

 外壁は広範囲にわたってひび割れており、雨漏りの原因にもなっていました。モルタルは最近の大半の新築に使われるサイディングとは、大きく性質が異なります。それは水分を含んでいるという点です。水は比熱が高く温度変化がしづらいので、水分を含むモルタルは、真冬の低い日や真夏の暑い日でも、サイディングに比べると温度が左右されにくい建材なのです。

 特に最近の新築は、屋根勾配が小さく軒のない造りで、外装を比熱の低いサイディングや鋼板(ガルバリウム鋼板)などで仕上げている住宅が増えています。さらに、気密性が高い構造なので、結露問題や湿気問題、屋根や壁からの雨漏り問題、シロアリ被害に悩まされるのです。
 もう一つの住宅業界の問題は、サイディングよりも優れているモルタルの正しい仕上げ(塗装)ができない業者がハウスメーカーを含め多くいるという点です。モルタル壁は、ひび割れが起こるためそれに追随する塗料を選び、さらには窓などの取り合い部分の処置を理解し、正しく仕上げるということが非常に大切なのです。
 しかし、そういったことを本気で考え、施工に取り入れるハウスメーカーや訪問販売・工務店は、本当に少ないのが現状です。塗装は住宅を守る砦です。それがおざなりにされていることは、大きな問題ではないでしょうか。

 W様には当社の考え方や塗装の施工内容などについてお話しさせていただき、お見積もり説明ののちにご契約をいただきました。

◆塗装

施工前   施工後
施工前 施工後
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後
施工前   施工後
施工前 施工後
    ▲雨や紫外線で劣化した玄関木部もここまできれいになりました。
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後
▲経年劣化で傷んだ物置も、きれいに生まれ変わりました。
施工後
施工後 施工後

▲セメント瓦は塗装が必要な建材です。正しい塗料を選び、正しく施工すれば、きれいに仕上がることはもちろん、塗料の剥がれなども起こらずに寿命を延ばすことができます。

◆トイレ

施工後
施工後 施工後
▲新築時から使われていたトイレを新しく交換し、イメージが大きく変わりました。(新しいトイレは従来の物より節水効果が高いです。)

 工事後は「きれいになりましたね。ありがとうございました。」とのお言葉をいただきました。

 大手だから、一級建築士や一級技能塗装技能士など資格を持っているから、という理由で会社選びをしてしまうと、間違えた考え方による問題工事や施工不良で大切な住宅を傷めてしまいかねません。お住まいのご相談がありましたらいつでも当社にご連絡いただけたらと思います。

◆担当プランナー◆野上

◆担当工務◆岩前
東本 岩前
  2級建築塗装技能士
◆担当工務◆上原 ◆設計担当◆高橋 ◆担当工務◆石丸
上原 高橋 石丸
工務部部長(2級建築士) 2級建築士 建築大工技能士2級
建築CAD2級
福祉住環境コーディネーター2級

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る