大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 


 世界中が新型コロナウィルスのニュース一色となってから数ヶ月が経ちました。4/26時点での全世界の新型コロナウィルスによる感染者は266万人、死者は20万人を超え、毎日その数を更新し続けています。(※6/14時点で感染者755万人、死者42万人)
 さて、現在日本では全ての都道府県に緊急事態宣言が出されています。都道府県知事は、住民に対して期間と地域を定めた上で不要不急の外出を自粛するよう「要請」できるほか、必要とされる場合は事業者などに対して店舗や施設の使用制限を「要請」できるようになりました。(対象となるのは、▽映画館・劇場、▽集会場や展示場、▽百貨店、スーパーマーケット、▽ホテルや旅館、▽体育館、プールなどの運動施設▽博物館や図書館、▽ナイトクラブ、▽自動車教習所や学習塾などの、建物の床面積1000平方メートルを超える施設で、これに満たない施設でも特に必要と判断された場合は対象となります。) ※緊急事態宣言は5/26に全面解除となりました。

 現時点でリフォーム業・建築工事現場はその制限を受けず、各社が万全の対策を行った上で、通常通りの運用が可能となっております。

 当社では、新型コロナウィルス感染予防・拡大防止対策に最大限努めながら、通常通りの営業活動を続けております
 住宅に関するお困り事は、雨漏りなどの急を要するものから、なるべく早く処置をした方がよいものなど、先延ばしにできない案件が非常に多いためです。
(※もちろん、今後の休業要請などによっては、営業時間の短縮や休業などを行う場合もあります。)

 このような状況が長期的になる見通しの中では、感染拡大防止に最大限努めつつ、お客様がお困りの場合はその解決のお手伝いをしていけたらと考えております。
 以下に、全社員及び協力業者へ通達し、徹底している当社の取り組みをお知らせ致します。ご相談下さったお客様にはご不便をお掛けすることになり心苦しく思いますが、不安を最大限解消しながらお客様の住宅を守る方法を模索して参ります。皆様のご理解とご協力を宜しくお願い致します。

  2020年4月26日更新(6/15追記)
(有)北斗建装 代表取締役 小原 由正

社員の感染防止対策について

朝検温し、出勤前に結果を総務課へ必ず報告する。
37.5℃以上の熱、または熱がない場合でも「味覚・嗅覚の喪失」や「咳」、「倦怠感」、「くしゃみ」などの症状がある場合は、直属の上司に連絡し出勤しない。
※翌日、熱が下がった場合など症状が軽くなっても、自己判断で出勤せずに、所属長または総務課に相談する。
・体温が微熱の場合は、直属の上司に連絡し出勤に関しては相談する。
・検温結果を報告しない場合は、出勤停止とする。
・定期的に、抜き打ちでの検温検査も実施する。
マスクを着用して出勤する。
事務所への入室時は、ハンドソープや石鹸で手洗いをする。
・自宅でも徹底すること。
事務所は定期的に換気及びドアノブの消毒を行う。

ショールームの対応について

お客様来場時には「除菌スプレー」のご使用をお願いする。
お客様対応時はマスクを着用する。
テーブルでの接客対応は、向かい合わせにならないように座るなど配慮する。
荷物の受取時には、「除菌シート」で荷物を拭く。
接客スペースのテーブル・イス・ドアノブ等を定期的に除菌する。
社外での顧客対応は、状況を説明しマスク着用で対応する。

ショールームへご来店いただくお客様へのお願い

ご来店時にはマスクの着用をお願い致します。
37.5℃以上の熱がある、または体調不良を感じる時はご来店をご遠慮下さい。

協力業者への感染防止対策の徹底について

朝検温し、現場入場前に当社現場担当者へ連絡するよう徹底する。
・連絡のない場合および体温が微熱、または上記症状があった場合は現場入場不可とする。
なお、上記症状により現場入場ができなくなった場合は、総務課へ連絡すること。
※翌日、熱が下がった場合など症状が軽くなっても、自己判断で現場入場せず、当社現場担当者へ相談する。
現場入場時には必ずマスクを着用するよう徹底する。




TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る